設備認定済42円物件はどこにあるのか?

「設備認定済の42円物件」とは、土地や設備が整っていて、「太陽光発電として42円の売電価格で、今後20年売電出来る確約の取れている物件」のことを指します。

つまり購入したらすぐに高利回りで稼働が可能な太陽光発電物件という事です。

ご存知の方は多いと思いますが、太陽光発電の売電価格は2012年に前年の24円から42円に引き上げられました。

その差は実に18円。

これで一気に太陽光発電に火が付くことになります。

なぜなら売電価格の高さによって投資物件として運用する道が大きく開かれたからです。

つまり国が20年という長期間に渡り1kw42円で買い取ってくれるため高利回りで運用できるからです。

しかも翌年の2013年からは買取価格はどんどん下がり、42円だけが際立った高価格で残ったため、その後も人気は急速に高まっていったのです。

人気が高い42円物件だけに・・・。

こうした人気のため、業者によっては「権利だけ手に入れて、肝心の土地の調達や設備のための工事を済ませていない物件」を抱えているケースも少なくないのです。

上述のように42円物件が発売されたのは2012年だけです。

その後は2013年の36円を始め、売電価格は見る見る下がっていき、2015年には29円までになったのです。

これから分かるように42円という買取価格は2012年の物件だけなのです。

ということは当然物件の数は少なわけですから希少物件ということになります。

希少なものは価値が高いのは世の常です。

42円物件の権利だけ持っている業者はこの点に目をつけて、土地や設備の価格を見はからった上で、設備認定を申請しようとしているのです。

42円物件がなかなか出てこないのは、こうした事も理由にあるのです。

幻の設備認定済42円物件はいったいどこで買う?

設備認定済42円物件は幻の投資商品

設備認定済42円物件は数が少なくて貴重なことから、お宝ともプレミアとも言われています。

それ故に設備認定済42円物件の人気は上がる一方なのです。

でも人気だけが先行して肝心の設備認定済42円物件自体がなかなか現れてきません。

最近では待っても待っても、市場に出てこない様に見えますので、設備認定済42円物件のことを「まぼろしの商品」と呼ぶ人さえいるようです。

ここまでいわれるようになった設備認定済42円物件ですが、いったいどこに行けば買えるのでしょうか?

設備認定済42円物件は通常の探し方では見つからない

何事をするにも方法を間違えると成果が上がらず、目的を達成することができません。

設備認定済42円物件も同じで、間違った方法で探しても見つかることはありません。

設備認定済42円物件のことをまぼろしの商品と呼ぶ人は多分探し方が間違っているのでしょう。

ではどのように間違っているのでしょうか?

設備認定済42円物件を探している多くの人は、その手段をネット検索に頼っているはずです。

つまり「分譲太陽光発電 42円物件」で検索し、出てきた販売業者に次々会員登録するのです。

そうした業者が設備認定済42円物件をたくさん扱っていれば良いのですが、たいていは年に数件扱うかどうかの程度なのです。

したがって登録したとはいえ、取り扱い件数が少ないだけでなく、実態がよく分からない業者が多いのです。

はたしてこれで良い結果が得られるでしょうか。

明らかに「答えはノー」であり、ただ待つだけで時間の空費に終わるだけなのです。

設備認定済42円物件を見つける方法は一つしかない!

はっきり言って設備認定済42円物件の数は多くありません。

したがって、あるにはあるのですが簡単に手に入れることはできません。

手に入れるためには順番待ちが必要です。

ただし間違ったサイトに登録したのでは、いつまで待っても順番は訪れません。

確実に自分の順番が訪れるようにするためには、設備認定済42円物件を豊富に扱っている販売業者に登録しなければいけません。

今のところそうした業者は一つだけしかありません。

それは「タイナビ発電所」というサイトです。

タイナビ発電所は全国の100社近い販売店と連携しており、それらの販売店から逐一42円物件販売情報が集まってきます。

そうして集まった物件を登録メンバーに順番に割り当てていくのです。

なにしろ100軒近くの販売店から情報が集まるのですから、件数は相当な数に達します。

100社の販売店に登録するのと同じ効果があるのです。

しかも100社と言っても、42円物件を多く手がけているところばかりですから頼りになります。

これだけ多くの販売店と連携しているのはタイナビ発電所ただ一つだけです。

つまりこのサイトは国内唯一の「土地付き太陽光発電総合検索サイト」なのです。

設備認定済42円物件入手のまとめ

分譲太陽光発電42円物件は人気の高い投資商品です。

それゆえに取り扱い業者の数は無数にあります。

とはいえ、数が少ない42円物件だけに、どの業者も扱う件数は多くはなく、年間を通じて数件ということも珍しくありません。

したがってそうしたところへ登録しても入手の確率はゼロに等しいと言っても過言でないでしょう。

42円設備認定済物件の入手に近づくには、取扱量の多い販売店でなければなりません。

これまで、そんな有り難い販売店やサイトは無い、とばかり思っていたのですが、実は一つだけあったという訳ですね。