土地付き太陽光発電42円物件

⇒今すぐチェック!42円物件があるサイトはココ

 


 
分譲太陽光発電の42円権利付き物件は「プレミア」とも呼ばれるほど貴重な投資商品です。

2011年に24円だった売電価格が2012年に一気に42円に引き上げられましたが、
その価格はその後も続くことはなく、翌年の2013年には36円になり、
さらに2014年は32円、2015年には29円と下落の一途を辿り続けていますね。

その結果2012年の42円だけが際立った高価格商品として残ったのです。

なにしろ2015年の29円と比べると、売電価格に13円も開きがあるのですから価値があるのは自明の理です。

42円物件は「ほとんど市場に出回っていない」という事は皆さんご存知だとは思いますが、、、。

そもそも42円物件はあるのか?

そもそも42円物件はあるのか

これだけはハッキリ言えますが、非常に少ないですが2016年現在42円物件は存在しています。

また、42円物件購入の際は現金を所持していなければいけません。
42円物件は元々高額な上にキャッシュで払える方で順番待ちになっています。

まずはこの事実を踏まえて、こちらを御覧ください。

 

なんと、42円物件を予約できるサイトがあった!

なんと、42円物件を予約できるサイトがあった!

これは42円物件入手に関する確かな情報ですが、「42円物件が予約できる」サイトはご存知ですか?

⇒42円物件が入手できるサイトはコチラ

 

しかもこの様なサイトは日本で一つしかなく、新しく42円物件を求める人のほとんどが、このサイトを通じて入手しているという事。

これを知って多くのサイトで見た「完売の文字の意味」がやっと分かりました。
つまり市場に42円物件が出ると、すべてがこのサイトの予約者に割り当てられてしまうからなのです。

おそらく予約している人の数は桁違いに多いでしょうから、発売された42円物件がその数に追いつくはずがありません。
したがって何度発売されても、発売と同時にそのサイトの予約者に42円物件は振り当てられていたのです。

 

42円物件の予約は難しくない!

42円物件の予約は難しくない

42円物件の予約サイトがあると知れば、すぐ申込みたくなるのは誰でも同じでしょう。
でもその前に、いろいろ考えます。

「プレミアと呼ばれる42円物件だけに、申込も簡単ではなく、いろいろな制約があるのではないだろうか?」
「それに、制約がないにしても何か別に裏の事情があるのでは?」
…などといろいろな心配が頭を巡るのです。

しかしそれは徒労というものです。
なぜなら42円物件の予約には何の制約も裏もなく、誰でも簡単に申込ができるからです。

 

42円物件が予約できるタイナビ発電所の特徴

42円物件が予約できるタイナビ発電所の特徴

気持ちが折れそうになりながらも諦めずに努力したおかげで、ネットに42円物件予約サイトがあることがわかりました。
しかも「お宝物件」の予約に関わらず、何の制約もなく簡単にできるのです。
その予約サイトとは「タイナビ発電所」です。

 

【タイナビ発電所公式サイトの特徴】
◇サイトの登録や利用はすべて無料で誰でも簡単にできる
国内で一つしかない土地付き分譲太陽光発電の総合サイト
◇登録するだけで42円物件発売情報の知らせがある
◇登録会員には優良未公開物件の知らせがある
全国各地100社以上の取扱店の「土地付き分譲太陽光発電情報」が閲覧できる

 

タイナビ発電所に登録してひとまず安心、後は通知を待つだけなのだが…

タイナビ発電所に登録してひとまず安心、後は通知を待つだけなのだが…

遅ればせながら、なんとか「タイナビ発電所」へ登録できました。
あとは42円物件入手に関する通知を待つだけです。

でも本当に入手に関する通知はくるのでしょうか?
聴くところによりますと、42円物件の入手確率は100分の1以上に達しているそうです。

この確率だと、例え入手できたとしても、随分先の話しになるのではないでしょうか。
例えば10年先とか15年先とか…。

いずれにしても42円物件は簡単に入手できないことは覚悟しておかなければなりません。
要は「待てば海路の日和あり」の心境で、待つことに耐えることが大事なのです。

 

2016年の今でも42円権利付き物件の価値は変わらない!

2016年の今でも42円権利付き物件の価値は変わらない!

近年電力会社の新規受け入れの休止が発表になったことから、太陽光発電投資について先行きを不安視する投資家も出てきました。

しかし「土地付き分譲太陽発電」のほとんどは既に設備認定を受けており、20年間に渡る売電は国から保証されています。

ということは、たとえ権利取得がいつであっても、42円の売電価格は変わらないのです。

なぜなら2016年の現時点でも「20年間42円で売電できること」に何ら変わりはないからです。
それ故に、42円物件は今ではプレミアと呼ばれるほどの人気投資商品になっているのです。

 

42円物件の入手の前に注意したいこと

42円物件の入手の前に注意したいこと

待つ前に「42円物件入手に関しての注意事項」の確認を忘れてはいけません。

…と言いますのも、プレミアとかお宝とかいわれる貴重な42円物件だけに、一攫千金を狙う良いチャンスとばかり、詐欺まがいのインチキ商法が蔓延しているからです。

そんなものに引っかかったらせっかくのチャンスが台無しです。
そうならないためには以下の点に十分注意してください。

 

業者が信用できるかどうかを確認した上で取引する

業者が信用できるかどうかを確認した上で取引する

ホームページや電話での情報だけで相手を信用してはいけません。
大事なのは面談して相手を確かめることです。
42円物件はお宝物件ですから、その分、人も多く集まります。
そうなると、悪徳な業者も中にはでてくるからです。
42円物件が見つかったら、「実際に業者に会う」というのは必ず行いましょう。

 

すでに設備が設置済みの42円物件を購入する

すでに設備が設置済みの物件を購入する

42円物件といっても、業者によっては設備認定の取得だけをしていて、「土地の確保や太陽光発電の設備がなされていないもの」もあります。

こうした42円物件の場合は認定取消のリスクが伴う恐れがあります。

契約の前には「設備が整っていること」と、「電力会社との系統連携の確認がとれているかどうか?」を確認することが特に重要です。

 

土地や設備に関する所有権の確認

土地や設備に関する所有権の確認

太陽光発電の「買取期間は20年」と決まっています。

これに合わせて「土地付き分譲太陽光発電では土地貸借権が20年」と設定されています。

この場合、「土地の所有権がどちらにあるか?」で、買い取り期間終了後の設備の撤去責任が異なってきます。

撤去時にごたごたが起こらないためにも、事前に所有権の確認を怠らないことです。

 

入手前に自己の予算状況を確認しておく

入手前に自己の予算状況を確認しておく

競争率が100倍にも及ぶという42円物件入手は早い者勝ちの世界です。

言うまでもありませんが、優先されるのは「現金購入の客」です。
とはいえ、普通の物件が2000万円前後もするのでは簡単に現金が調達できるとは限りません。

現金が間に合わなければローンに頼り42円物件を入手する方法もあります。

ですが交渉を有利に進めるためにも、ローンについては事前に金融機関との間で折り合いをつけておくことが大事です。
それでこそ強気の交渉ができるのです。

 

販売店も存在を認識していないほど貴重な42円物件

販売店も存在を認識していないほど貴重な42円物件

2012年に42円の権利を取得した物件は翌年の2013年には高値で売買されています。

そして2014年になって数は減り、更に高値で売買されています。

現在2016年です。

販売店に「42円物件を探している」と聞いてみてください。

「そんなものは世の中にありません」と言われます。

販売店さんは数百とある物件の中の「数件だけ」を扱っていますので、42円物件に触れたことが無い方がほとんどです。

仮に販売店に「ない」と言われたからと言って、当サイトが嘘を付いていると思わないで下さいね。

 

42円物件の入手方法のまとめ

いかがでしょうか?

この記事で喉から手が出るほど欲しい「42円権利付き物件」の入手に関する手がかりは掴めたでしょうか。

なにしろプレミアともお宝とも呼ばれる「競争率が100倍以上」に達する貴重な物件です。

たとえ42円物件の入手方法の手がかりが見つかったとしても、実際に入手するまでにはまだまだ厳しい道のりが待っていることでしょう。

また、おいしい話には必ずといっていいほど「群がってくる詐欺師」たちが行く手を遮るかもしれません。

いずれにしても、42円物件入手のためにはこれから先も注意を怠らないように万全の構えで臨むことが大事です。

⇒42円物件が入手できるサイトはココ